上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は「中世フランスの社会」は原本が一世紀以上前のもので、年代記からの引用が疑わしいのかどうかも説明なしに羅列されてるような本だったので知識不足の俺が読むようなものではないなーと判断。
返却~。
代わりに「西欧中世史 上・中・下」と「ローマ軍団大百科」を借りてみました。
ローマ軍団大百科はちょっと読んだところ非常に慎重な本で古文書や考古学的遺物の情報確度の解説から始まってる所がなかなかよさげです。
推測でしかないことをあたかも確定した事実であるかのように書くのはこの手の本には禁物ですからね。
おかげでどうやらローマ軍団に関する信頼できる情報が思っていた以上に少ないらしいと言うことが分かりました。
西欧中世史は概観的な勉強をあんまりしてないので、断片的な知識をつなぐ為にも読んどこうみたいな。

ああ、結局料理してないや・・・
スポンサーサイト
金曜日に図書館でいろいろと本を借りました。
その日のうちに「マキアヴェッリ語録」は読み終わり。
短い上に納得しやすい論ばかりなので異様にあっさり終わりました。
マキャベリはイメージ的に不人気ぽいですが彼は随分まっとうな事を言ってると俺は思いますね。
土曜日は「ローマ人の物語IX キリストの勝利」を、日曜日は「古代ローマの戦い」を読みました。
ローマ人の物語は4世紀中後期、そろそろ読んでて辛い局面です。
ローマはもはやローマと呼べるのかどうかも怪しい状態になっていきます。
軍団のプロフェッショナル化が進行し内戦で失われた兵力は容易には回復できず、特に西方の防衛線は溶解して曖昧な勢力範囲に成り下がる。
もう帝国全体をかつての健全な状態に戻すことは望むべくもない。
体制が上層から腐っていく一方でキリスト教勢力はとうとう皇帝を支配する術を見出し始め、中世カトリック社会への道を着実に歩んで行きます。
そしてローマはとうとう東西に完全に分裂。
古代ローマの戦いはローマ軍団の変遷からローマの歴史を俯瞰する構成で政治の変化と軍制の変化を相互補完的に捉えているのが印象的でした。
特に帝政中期以降の帝権の不安定さの原因として皇帝と軍団との過度の結びつきを挙げている点は非常に納得のゆくものでした。
戦闘そのものでなく、基本的に軍事国家であったローマの軍制そのものがいかに他に影響を与えたかに焦点を当てているのは素晴らしいです。
そうなると逆に一般受けを狙ったようなタイトルの外し具合が微妙なわけですが(もっとも有名な会戦は図入りで解説されています)
なかなかの良書でした。
次はフェニキアの本と中世フランスの社会についての本が待っております。

あー、本ってやっぱ最高だな。
今日は~久しぶりに~大須。
キッズランドでマスキングテープとかペーパーとかチョロっと購入。
筆も買おうかと思ったんですがまぁスプレー吹いてからにしょうと思いやめておきました。
んでプリンタのインク買って機動旅団八福神の④を買って・・・
セガエイジスのパンツァードラグーンと相場より安い天使のプレゼント~マール王国物語を購入。
リトルプリンセスもやったことないんで探してるんですがこれがねーんですよ畜生。
見かけた人は教えてね。

パンツァードラグーンシリーズは恐らくセガのゲームで一番好きですね。
小学生のとき友達の家で見たパンドラ世界のデザインセンス、特に帝国軍兵器のそれは幼い俺に驚愕をもたらしました。
(俺はデザインというものに割とショックを受ける性質です)
パンドラ世界そのものはナウシカのパクリと言って差し支えないのですがデザインセンスだけは猛烈に素晴らしい。
発掘された旧世代の白く生物的なフォルムを持つエンジンに金属や木材で作られた現代製の無骨な船体をブラ下げた空中戦艦の異様な姿。
これにシビれないヤツの感性は正直どうかしてるか鈍ってるかのどちらかだと思うんですよ俺は・・・!
攻性生物もそれまでよく見かけた「生物的な機械」とは真逆のアプローチ、「機械的な生物」と言う感じで鬼スタイリッシュですし。
このデザインセンスはツヴァイで完全に開花し、白亜の装甲と鈍色の木金混合構造のハーモニーが極まるわけでもうその色彩感覚は天才的としか言えません。
で、結論。
攻性生物の甲皮は白が一番なんだよ!
あー、とりあえずセガエイジスでツヴァイとアゼル出してね。
こっちは中古じゃなくて定価で買うから~

マール王国シリーズは良かった当時の日本一の作品つーか雰囲気好きなんですよね、無理なくほのぼのしてて。
やり込みゲーより多少プレイ時間が短くても開発者の愛が詰まったマール~ラピュセルあたりの作風に戻ってくれないかなーと思います。
キャラ絵がRyoji氏ってのも大変よかったんだ、むっちりかつファンシーで。
ラピュセルのプリエの足の破壊力なんて末代までの語り草というヤツで(ry
生協の新書店にてもやしもん③とケン・フォレットの新作購入。
もやしもんは主人公の影が薄い驚異の発酵漫画になって来ましたね。
がんばれ沢木・・・
相変わらず菌どもが可愛らしいです。
まぁ本物は単なるアメーバ状だったり球状だったり桿状だったりなわけですが。
ケン・フォレットのはどうせ針の目よかおもしろくねーだろとは思いましたが前作のホーネット飛翔せよもあれはあれで面白かったので外れはないだろうと思って購入したのでした。
やっぱ冒険小説の花はWW2秘話ものだよねぇー。

ミルフィーユカツは油っぽさが多少気になるものの総合的には合格。
メンチカツよりは好みかなー。
臭みが少ない分と、あと積層構造の食べ物って好きなんですよね。

金おろさにゃー・・・
そろそろ使わないとだめなルーとかあったのでクリームシチューを作りました。
オーソドックスに鶏肉使用で。
あとほうれん草が入るのは俺的にデフォルト設定なのですよ。
主食としてヤマナカのパンを購入。
ホテルブレッドが一番気に入ってます。
香ばしいけど柔らかくてそのまま単体でもイケるんですな。
しっとりしてるので水気いらずなんですよ。
ヤマナカではミルフィーユカツなるものも入手。
豚バラ肉薄切りを積層して揚げたものらしいです。
なんかうまそうだぜ!?

海猿は最終話一歩手前まで見ました。
かっちょええっす。
今日はガイア作ったりレポート書いたりしてました。
ガイアの方は結構進んだ感じがします。
でも元々立体化とか考えてないデザインだから塗装するとなるとしんどい。
もう変な色分けは諦めたからいいものの、それでも関節部分が丸見えの状態で装甲カウルが載ってたりするもんだから先に関節塗ってから外装組むのか、後ハメでなんとかするのか悩む悩む。
可動部分のないスケールモデルは「取りあえず全部つけてから塗れ!」がセオリーなのでこの手の経験は全くないのよね。
しかもモナカ状の部分の合わせ目処理とかもまだやってないし~みたいな。
んで塗装は緑系はやめてダークイエローにすることにしました。
ネット上の作例でもだいたい皆さん青~緑系かシルバー系なのでね。
その上でパーツのライン無視して青色の帯とか走らせてみるとステキかなーなどと妄想中です。

武器セット7~9のラインナップも実は発表されてたみたいです。
両肩ガトにスカル、実盾etc
ブキヤのVI担当者がレイヴンなのは確定したような気がしますね、これは・・・
でコトブキヤのヴァリアブル・インフィニティシリーズ(要するにアーマードコア)の新作情報とかあったみたいです。
ミラージュC01-GAEA(オラクル)、クレストCR-C90U3(カスケード・レインジ)と中量級2機が続いて来た訳ですがお次は重量級、ミラージュC05-SELENA(3OP機)のよおです。
3OPでクレスト軽量級と相打ちになってモノアイ撃ち抜かれてたヤツです。
公開されたのは恐らく原型でしょうが、写真見た感じブキヤはほんとにミラージュ系の3次曲面の処理が巧いと再認識しました。
腕のA04-BABOON(アイアン先生腕)とかもう芸術品ですよ。

V.I.のシリーズは夏あたり腕セットと頭セットも出るそうです。
腕はなぜか両腕マシ、両腕ブレの漢仕様。
頭はCR-H84E2(グリーンホーン頭)、YH15-DRONE(ズベン頭/イーグレット) 、YH06-LADYB(ヴァルキュリア頭) / CR-H06XS-EYE4(ジャウザー頭/スコープアイ) がそれぞれ2個セットで出る様子。
できればEYEシリーズは今後も出していって欲しいなぁ。
・・・で、4脚マァダー?
4脚マニアとしちゃクレストの重装四脚がスッゲー欲しいんですけどねェ。
足だけでも2000円くらいなら出しますぞコトブキヤ様・・・!
E3の動画が公開されてるの発見したんで見てみました。
生撮りだから画質鬼悪いけど・・・
やっぱ全体的にモーションがよくなってますね。
あとローマじゃ適当だった地形がかなり向上してます。
特に建物と樹木が自然な大きさとデティールになったのは大きい。
後は門や城壁周辺での挙動がどうなってるのかが気がかりかな。

皿洗って寝るぽ。
銀河英雄伝説本編全110話視聴完了。
長いけど楽な戦いでした。
小説読んでて話の流れ全部知ってるし、登場人物は男ばっかりだし、受け狙いの変なネタはないし。
萌えアニメ1クール見るのに比べたらほんと天国よ。
1番好きなキャラはビッテンフェルトです。
2番目に好きなキャラはオーベルシュタインです。
仲、マッハ悪いね。

次はドラマ”海猿”を見ます。
親父が超かっこいいとゆって薦めてくるので。
実際、映画もかっこよかったんで。
海上保安庁全面協力~。
そろそろやるかーと思って買い込んであったアーマード・コアのプラモを製作開始してみました。
そしたらなんかもースナップキットだからダボが太いっつーか入らないっつーか。
ガンプラとかもこうなのかなぁと思いつつ作ります。
スケールモデラー的にはほんとショッキングな出来事ですよこれは。
今後はダボ切断しながらやってやろうかとも思います。
このキット、「MIRAGE C01-GAEA」はエヴァンジェ隊長の乗機オラクルのNX当時のバージョンですがプロポーションは非常に良いのでかっこよく作ってやりたいですね。
塗装はあんまり塗り分けしない予定。
マスキングめんどいしパーツごとの色分けって現実世界じゃありえないですからね。

銀河英雄伝説は90話まで進みました。
銀河英雄伝説を全部見るという計画を実行中でございます。
先の日曜日から始めて、現在52話まで視聴し終わりました。
長いですが萌えアニメ等と違って疲れずに見ることが出来ますね。
男ばっかりだし女も無理に可愛い風ではないし。
聞いてるだけで分かるというのもポイント高いです。

んで今日こめまじんさんから棚もらいました。
横長のやつです。
これでうちの家具もかなり揃いましたね。
週末は整理してみますかね・・・
PS3の発売予定が公表されました。
価格は62,790円、発売日は11月11日です。
俺の希望より1万高いですがあの中身では仕方なしと言ったところでしょうか。
初期ロットは回避しつつ、買う予定。
新型コントローラは3Dゲーマーの俺には実によさそうな仕様でした。

あとアーマードコア4の新動画が出回ってました。
マガジン交換アクションが増えたようですね。
なんもしてないのに交換されるのがめっさキモかったのでそこは歓迎です。

そろそろE3になるのかね?
レポートでデータの整理。
エクセルの自動入力ってもっと巧いこと使えるんだろうね本当は。
でも俺には無理なのです。
手動入力テラウザス。
全体的に死んでる。

洗濯してぇ・・・。
今日のじめじめ度は冗談抜きですごかったように思います。
タミヤMMシリーズの新作はなんと
「B1 bis」
であるらしい。
奥さんあれですよ、フランス軍の重戦車B1型ですよぉー!
独ソ米英日伊は出たことあると言うのにフランスだけが何故出ない!
開戦後速攻で負けたのがそんなに悪いのかぁあああ!
という悶々とした日々は終わりを告げるのです。
性能は別に悪くなかったのがフランス戦車というもの。
このB1bisもたった一台でドイツ戦車十数両を撫で斬りにする驚異の戦果を挙げてフランス戦車技術の意地を見せてくれました。
まぁ砲塔は一人用なんですがね。
ついでに側面に弱点がモロにあるんですけどね。
フランス戦車特有の優美なんだかもっさりしてるんだか分からない曲線がタミヤのキットで楽しめるとはいい時代になったものです。
この勢いでオメガかっこいいソミュアS35も出して下さい。
余力があったらルノーFTもよろすく・・・現代戦車の形を決めた歴史的な戦車だし、みたいな。

レポートは進みませんでした。エクセルに打つのがまんどかったんです・・・
実家から帰った翌日。
昼はサークルのパーティ。
しかもスーツ着用。
ネクタイとか2年ぶりだったからうまくつけられませんでした。
ちゃんとしてないネクタイとかかっこ悪いんですが・・・
夜は夜でサークルの人とうちで飲む。
ビーフシチューがわりあいうまく行って俺は満足でした。
レアチーズケーキまた作ったけどうまく固まらず、そっちはがっかり。

レポートまじめんどくさす。
「されど罪人は竜と踊る」の新刊読みました。
今回は過去編っつーことでジオルグの事務所が健在だった時代の話。
で、事務所崩壊とかガユスとクエロが別れた訳とかやるのかと思ったら・・・
やってないでざんす!
肩透かしキタ
しかも今回はなぜか最近抑え気味だった文章がまた読みづらくかつ痛い感じになっていて首を傾げざるを得ませんでした。
どうした作者~
あと濡れ場シーンで露骨な描写をするのはスニーカー文庫としてアリなのかどうなのか。
ラグナロクよりさらに際どいんで放置してたら数年後にはエロラノベデビューしてるんじゃないかと今から心配になってきます。

そうそう、ラグナロクはラグナロクでやっと再開したらしいですよ。
・・・数年ぶり?
土曜日はサークルで新歓コンパやりました。
一部無連絡でドタキャンの新入生も居てちょいと右往左往でしたがまぁ、その辺しょうがないよね、こういう時期だし。
全体的に見てうまくいったと思います。
俺も今回のコンパで顔と名前が一致>数人だけだったのがほぼ全員になりましたね。
宴会と言うのはうまくいくとずいぶん親睦を深められるものだというのが良く分かりました。
今後はもっと気楽に新入生と話せそうです。

それにつけても大火くんのはじけっぷりは印象的でした・・・
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Sword Gram all rights reserved.
プロフィール

gram

Author:gram
大阪発名古屋行の大学生。
趣味領域は軍事歴史SF。
ついでに酷い変態。
日常生活を楽しむことをモットーに日々を生きる。

好きゲー
カルネージハート
エースコンバット
アーマードコア
ローマ:トータルウォー

好きメカデザイナー
佐藤道明
横山宏
河森正治
永野護

好き小説家
荻原規子
佐藤賢一
アーサー・C・クラーク
小川一水

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。