上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝方、うちの祖母が亡くなってしまった。
とうとう意識は戻らずじまいでした。
電話でもいいんで声くらい聞かせてあげたかったんですが。
まぁ、そこまで苦しい思いをせずにすんだようなのでそれはよかった。
しかし時期的に通夜にも葬式にも出れない。
あと2~3日ずれてれば違ったんでしょうが。
祖母はそういうのに拘るタイプだったので出れないのは心苦しい。
テスト終わったら出来る限り早く帰らなければなりません。
スポンサーサイト
おたくが常識だと思い込んでることの9割は非常識ですよ。
特に声だの歌だの常識なわけないですよ。
興味を持つほうが異常だという自覚が必要なんだぜー。
俺、軍事おたくですけど軍事おたくが勝手に常識だと思ってることを幾らかつまんで列挙してみますと・・・
・軍隊の階級は基本的に兵<伍長<曹<尉<佐<将であり、ついでに言うと伍長と曹は下士官、尉官より上が士官となる。
・軍隊(陸軍)組織は基本的に班<分隊<小隊<中隊<大隊<連隊・旅団<師団<軍団<軍<方面軍(軍集団・総軍)である。
・大砲の「○○口径」という表示は砲身の長さが砲の口径(この場合は砲身内径)の○○倍であることを示す。(ちなみに銃の口径は1/100インチ何個分の銃身内径かを示す)
・自衛隊で普通科と言えば歩兵科、特科と言えば砲兵科のこと。また支援戦闘機とは攻撃機を意味する。
・弾丸の発射用の火薬を装薬、弾丸に詰め込んだりそのまま使用する破壊用の爆薬を炸薬と呼ぶ。(火薬と爆薬の違いは用途または爆速)
適当に書いた。俺らにとっては当たり前ですが普通の人は知らない場合がほとんどじゃね?
階級とか組織の名前は知ってても構造は知らないとオモ。

やけに量が多いテストが始まった一方で祖母が危篤状態。
おそらく看取れないと思いますが、こないだ会いに戻ったので祖母も許してくれるかなと思います(意識はもうなかったけど)。
しかしまぁ、祖父と愛犬のときは葬式に出るばかりだったので生きてるうちに会った分だけましかもしれません。
つーか犬のときはほんと30分も前に着いてればまだ息はあったというのにだめだったので未だに残念でなりません。
せめて最後になでてやりたかったのに。
学校帰り近所の小さな本屋さんにいったみたんですね。
そしたらなんか光人社NF文庫がスゲーいっぱいあるんですよ。
小さい店なのにこの偏ったラインナップは何なのか。
ちなみにこの文庫シリーズは今の時代にあってなおやたらマニアックな戦史研究本を刊行し続けてる軍事版の岩波文庫みたいなやつです。
学研M文庫あたりはこれに比べたらまぁライト気味ですよ。

で、2冊ほど買っちゃった。テスト前なのに。タイトルは
「戦時商船隊~輸送という多大な功績~」
「ドイツの火砲~制圧兵器の徹底研究~」
もう俺の趣味もだんだん地味になってきてる様です。
でも実際問題として商船も大砲もスゲー重要な要素なわけで。
特に商船に関しては島国輸入大国である日本は殆ど商船が支えてる訳ですが、海運に対する国民の関心の低さは凄いものがあるように思います。
マラッカ海峡知らない人とかきっとたくさん居るに違いない。
まぁ、テスト終わるまではあんまり読まないと思うです。
ここ2週間ほどかけて「魔法少女リリカルなのは」と「魔法少女リリカルなのはA's」を見てしまいました。
自分で自分の行動の意味が分かりません。
そもそも何で見ようと思ったのかもよく分からないと来た・・・
仕方ないので軽く感想。
無印の方は正直ツマランかったどす。
なんかこう、フェイトのおかんが微妙。
ありがちな顔でありがちに壊れ笑いをしないでください。
安直なんだよ、存在自体が!スタッフ自重しろ。
ラスボスがこの有様では話もツマンネェからもう割愛だぜ!
なのはやフェイトが特にキャラ的に好きなわけでもないのに良く見たよ俺。
無駄に頑張りました。
それがA'sになったらとたんに面白くなるとは。
まずヴォルケンリッター+ベルカ式デバイスがいいキャラしてる。
デバイスはドイツ語っちゅーのがまたしても安直に思うけど。(そろそろカッコイイ外国語=ドイツ語って等式をやめて欲しい。ロシア語とかにしたらよかったんだ)
敵の人が敵対する理由が陳腐じゃないし話の構図も悪くないじゃないですか。
最後直前のネタばらしとかなかなか予想を裏切ってくれたし。
文句を言うならラスボスがイベントボスでしかなく、しかもデザインが最悪だったことですかね。
格好悪い上に何であんなデザインなのかもよくわからんし・・・
もっと無機的な方向でデザインすればいいんじゃなかったでしょうかね。
でまぁ一番言いたいことを最後に回すとですね、
「ヴィータたんテラモエス」
ってことですよ。本当ゲボ子は最高だぜ、フゥハハー

テストが迫っています。
危険回避のためやってもいない実験レポを前もって作ったり。
怖くない講義と怖い講義の落差が激しくないか?
今週、アーマードコアの模型が2つとも完成。
そこで写真うpしようとこめまじん君からデジカメを借りました。
ありがとうございます>こめまじん君

↓カスケード・レインジ(左)とオラクル(右)のツーショット
P1010007.jpg

※カスケの頭の向きミスった・・・格好悪いw武装は武器セットから適当にみつくろってみました。スナイパーライフル+レーダーの組み合わせはやはりいいものです。

↓レールガン構え体勢
P1010008.jpg

※結構無理してます・・・。実際問題として2脚で構えキャノンとかただの的にしかなりませんが、ビジュアル的には映えますね。レールガンは本当は4脚に装備してあげたい所。4脚キット出ないかなー。

↓カスケ武装交換バージョン
P1010009.jpg

※一番好きな武装かもしれないクレスト360発マシンガンにダガー、中ロケとクレスト製装備で固めてみました。人間目線くらいの感覚で。

↓高密度のディティールを誇るカスケの背面
P1010010.jpg

※シリンダーやパイプが大量で情報がスゲー多いです。ゲーム中には影になっちゃってまるで見えませんが・・・。ブースタはFFにのみ存在する型らしいです。TPの軽量型だとか。

↓フレームを組み換えてみる(頭、脚:カスケ/コア・腕:オラクル)
P1010011.jpg

※なんだかうまくフラッシュが作動しなかったので暗いです。ゲーム中と同じくパーツを組み替えて遊べるのがこのシリーズのいい所。もっとも現状では各部位2種しか選択肢が無いわけですが。秋には3OPのミラージュ重量型が出るそうで、このまま順調に出続けるといいですね。

慣れない写真でへったくそなのが残念・・・
塗装したらもっとかっこいいだろうとは思うのですが遊び用と割り切って作ったのでそこはご勘弁。
実際、塗装するには分割が結構厳しいのです。
全部くっついて問題ないスケールモデラーにはこの辺厳しいですね。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Sword Gram all rights reserved.
プロフィール

gram

Author:gram
大阪発名古屋行の大学生。
趣味領域は軍事歴史SF。
ついでに酷い変態。
日常生活を楽しむことをモットーに日々を生きる。

好きゲー
カルネージハート
エースコンバット
アーマードコア
ローマ:トータルウォー

好きメカデザイナー
佐藤道明
横山宏
河森正治
永野護

好き小説家
荻原規子
佐藤賢一
アーサー・C・クラーク
小川一水

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。