上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回更新時より色んなことがありました。
PSPを買ったし、AC4は新レギュ出たし、スキーにも行ったし、バイトは決算棚卸しもしたし。

でも今書こうと思うのはラノベのこと。
電撃文庫、渡瀬草一郎の「空ノ鐘の響く惑星で」についてです。
スキーで2冊読んで、帰ってきた次の日に6冊読んで、その後の2日で4冊読んで締めました。
久しぶりに面白くてとまらない本でした。
ちょっと美男美女が出すぎる嫌いはあるけれど、ストーリーは練られてるし登場人物は魅力的だし文章も変なところはないし、ラノベにしとくには惜しい作品でしたね。
展開がどんどんと変わっていくので飽きさせないというか・・・
ラノベはどうせ萌え萌えするようなどうしようもない量産品ばかりかと思っているとたまにこういう掘り出し物があるのでなかなか気が抜けません。
SF的な仕掛けをネタに使ったファンタジーというありふれたヤツではありますが、ギャグや萌えに走らない王道の威力を見せ付けられたように思います。
もっとも、最後の最後のカタのつけ方は明らかに他とは一線を画していて、そこがこの作品の独自性を分かりやすく示している気はします。
個人的に一番好きなキャラクターはパンプキンですね。
おどけた傍観者然としつつもどこか生真面目さが抜けない彼の性格は非常にいいです。
ベストカップル賞はイリスとエンジュにあげたいかな。
歪みまくってるイリスがエンジュのおかげでだんだんまともになっていく過程だけでも一本小説できそうです。
やたらとカップルが多いのもこの作品の特徴かもしれません・・・一体何組居るんだろう?
俺は好きな本はそこそこありますが人に薦められるような普遍性を兼ね備えたものはなかなかありません。
でもこいつは珍しく躊躇せずに他人に薦められますね。
つーわけで皆読んでみてね。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Sword Gram all rights reserved.
プロフィール

gram

Author:gram
大阪発名古屋行の大学生。
趣味領域は軍事歴史SF。
ついでに酷い変態。
日常生活を楽しむことをモットーに日々を生きる。

好きゲー
カルネージハート
エースコンバット
アーマードコア
ローマ:トータルウォー

好きメカデザイナー
佐藤道明
横山宏
河森正治
永野護

好き小説家
荻原規子
佐藤賢一
アーサー・C・クラーク
小川一水

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。