上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまさらエウレカセブンを見ました。
全部見た感想として、普通に面白かった。
1年ものは長いねぇ。
でも50話くらいの長さが俺には丁度いいというのも事実。
26話は個人的にはちょっと尺短めだと感じます。
実は本放送では6話くらいで「なんでレントンはその場のノリでゲッコーステートに入っただけなのに何の躊躇もなしに軍のパイロットを虐殺してるんだ?」という物凄い違和感を感じて視聴中断してたんですが、50話もあるとその辺ちゃんと考えてあるんだなぁと。
中盤でその件についてきちんと整理してくれたことで俺の中での評価が一気に高くなってしまいましたね。
それでもレントンは迷走しすぎで後半になって人間的に落ち着いてくるまでなかなか移入できないんですが・・・主人公なのに。
従って感情移入してしまうのはどちらかというとドミニク&アネモネのカップルになってしまうのでした。
この二人はハッピーエンドで本当によかった。
あと、メカ描写も素晴らしかった。
重量感あるし、動きもいいし、レーザーは融けるし。
おかげで前に見たガンダムSEEDがいかに手抜きでロボ愛に欠けてるかっていうのがしみじみと分かってしまいましたよ。
俺が河森メカが好きなんで若干補正かかってますけどね。
軍のモンスーノとかかっこよすぎんだろ、と。
アニメのロボットって左右非対称少ないんですよねぇ。
特に頭が左右どちらかにオフセットされてるやつは貴重品だと思います。
ゲーム世界でもフロントミッションに幾つか居るくらいかね?
河森メカなんでキスダムも見ようと思います。

グレンラガンはちょっと見たがロボと世界観の点で自分との音楽性の違いが顕著すぎる。
ヨーコの乳を目的にどれだけ俺が頑張れるか、それが見所と言えるかもしれない。
あの乳は、凶器やで・・・
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Sword Gram all rights reserved.
プロフィール

gram

Author:gram
大阪発名古屋行の大学生。
趣味領域は軍事歴史SF。
ついでに酷い変態。
日常生活を楽しむことをモットーに日々を生きる。

好きゲー
カルネージハート
エースコンバット
アーマードコア
ローマ:トータルウォー

好きメカデザイナー
佐藤道明
横山宏
河森正治
永野護

好き小説家
荻原規子
佐藤賢一
アーサー・C・クラーク
小川一水

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。