上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また高野山(世界遺産)に行って来たでスよ。
高野山は家からけっこう近いし行くのにまるで金かからんのでお手軽お出かけポイントなんですねぇ。
ケーブルカーの高野山駅から徒歩で大門へ。一時間くらいで着きます。実は古来の参道である町石道を九度山から登ってやろうかとも思ってたんですが所要時間7時間以上とか素でムリ臭かったんで断念しました。壇上伽藍は前回来たとき見て回ったので今回はちょちょいと飛ばします。しかし愛染堂じゃ護摩焚いてましたな。護摩見るのは始めてかもしれない。壇上伽藍出ようとすると西洋系の坊さんが西洋人数人にくっちゃべりながら歩いてるのを見かけました。ドイツ語っぽかった。はるばる遠いとこから出家してくる人も居るんだねぇ。そして今回の目的の霊宝館へ。高野山の宝物を展示してる博物館ですね。国宝と重文の嵐でしたが中でも目を引いたのは紺地又は紫地に金泥文字の経典数点(国宝・奈良時代)と快慶の四天王像(重文・鎌倉時代)でした。快慶の四天王は高野山にしかないそうで、貴重ですね。つうかさすがに快慶は現物を見ると明らかに他とは一線を画してます。個人的にはディフォルメの仕方が現代の漫画絵と似ているように感じて面白かったですね。霊宝館を出てからみろく石本舗に向かい、草餅とくるみ餅でお茶タイム。ここは品のいい休憩所が設置されてて奥の院へ向かうベースに好適です。一の橋からは奥の院の墓域をすたすた歩いて行きました。いつ来てもいい雰囲気です。俺はここに来る為に入山してるよーなものです。巨大な杉の老木と苔むした五輪塔の列の間を歩いていると俗世のことを忘れますね。これで新しい墓が無かったら本当最高なんだがなぁ!と罰当たり思考。それでも神秘的っぷりでここに敵う場所は日本にゃそうそうねーと思います。もはや仏教徒でもない俺は奥の院そのものは華麗にスルーして中の橋駐車場へ。ここまで一遍も手ぇ合わせてないというのだから恐れ入る。ここまで観光目的だけで来てるヤツもなかなか居ないのではないかしらん。駐車場のレストランではなかなかおいしい精進料理風の定食をいただきました。ごま豆腐食べないと高野山にきた気がしないんですよねぇ。高野山のごま豆腐はその辺のスーパーで売ってるショボいのと違って本物の味。市販のは多分保存料とかでマズイんだと思います。高野山なら苦手な人もきっと普通に食える筈。帰るときは流石にバス使用。歩き回って疲れてるし(地味にずっと革靴)時間もおしてたので。なんかケーブルカーが全然来なくてちょっとがっかりでした。
熊野とかにも行きたいねえ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Sword Gram all rights reserved.
プロフィール

gram

Author:gram
大阪発名古屋行の大学生。
趣味領域は軍事歴史SF。
ついでに酷い変態。
日常生活を楽しむことをモットーに日々を生きる。

好きゲー
カルネージハート
エースコンバット
アーマードコア
ローマ:トータルウォー

好きメカデザイナー
佐藤道明
横山宏
河森正治
永野護

好き小説家
荻原規子
佐藤賢一
アーサー・C・クラーク
小川一水

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。